地面に置かれている水晶

こんな名前はやめよう

job exchange

画数だけで決めることももちろんありですが、あまり画数にこだわりすぎると今度はつけたくないような名前になってしまう可能性もあります。もちろん赤ちゃんの名前は赤ちゃんのものですから、将来大きくなって自分の名前に対してコンプレックスを持たれたりするような結果だけは絶対に避けていくべきでしょう。ではそう考えたときに、どんな名前を赤ちゃんにつけていくべきなのか?まず何をつけるのかの前に、逆に何をつけてはいけないのか?というところにフォーカスして考えてみてほしいと思いまず。ここ最近では赤ちゃんにつける名前に「キラキラネーム」を採用する親もかなり増えてきたのはあなたもすでに知っているでしょう。キラキラネームというのはいわゆる昔からあるような名前ではなく、個性にとがった名前のことを指します。もちろん個性のある名前をつける発想自体はとても素晴らしいことだと言えますが、問題なのは誰がどう見ても「変」だと思うような名前です。たとえば某芸能人が子供に「甲子園」という名前をつけたことも有名な話ですが、このような名前はどう考えても必ず人からいじられてしまう名前であると断言できます。なおこの芸能人は野球が好きだということで、自分の趣味趣向を押し付けた名前になっていると言えるでしょう。赤ちゃんは親のおもちゃではありませんので、必ず人に知られても変だと思われないような名前をつけてあげることを真剣に考えてほしいと思います。名前は基本的にあとで変更が利きませんので、ゲームキャラやペットに名前をつけるような感覚であってはいけません。